019-625-1588
ネット予約

歯を綺麗にする治療

  • HOME
  • 歯を綺麗にする治療

スマイルラインから差し歯を作る審美歯科治療法

スマイルラインとは言葉どおり、笑った時の歯の位置を指します。笑った時を基準に歯を作る方法があるのです。

スマイルラインから診る前歯の審美歯科治療

スマイルラインから診る前歯の審美歯科治療

前歯の差し歯を作る時に一番気を遣っているところは真ん中の前歯の先(切端)の位置です。
前歯の先の位置のことをインサイザルポジションと言います。(以下インサイザルポジション)
インサイザルポジションはあらゆる方法で決定されますが、今回はスマイルラインからインサイザルポジションを決める方法をご紹介します。

スマイルライン

スマイルライン

軽く微笑んだ時に歯が見えますよね?
その時上唇の線から女性なら3〜3.5mm、男性なら2〜2.5mm下に切端が見えることが審美的と言われています。
欧米人の女性だと上唇3mmよりやや長く歯を作ることが好まれています。

下の唇のラインに沿って歯が並んでいる

下の唇のラインに沿って歯が並んでいる

軽く微笑んだ時6本の歯の先端を連ねた線が下唇ラインに沿って並んでいると審美的と言われています。

黄金比

黄金比

黄金比(ゴールデンプロポーション)を使って歯の形や長さを決める基準に用います。
中切歯(真ん中の歯)と側切歯(2番目の歯)、犬歯(3番目)の比率が
1.618:1:0.618の黄金比が理想と言われています。
注:黄金比は欧米人の歯の形を基準に作られました。アジア人の歯の形は欧米人に比べやや短い傾向になりますので、黄金比はあくまで参考程度に捉えます。

上下の唇とインサイザルエッジ、歯茎のライン

上下の唇とインサイザルエッジ、歯茎のライン

スマイルラインからはひとつだけが合っているかだけでなく様々な視点から評価し、適正な位置を作ります。
前歯の歯茎を連ねた線、上下の唇の線、歯の切端を連ねた線がすべて調和がとれなければ審美的とは言いません。
またそれだけでなく噛み合わせの問題、衛生的な問題も考えながら審美治療を行います。

歯の標準的な長さ

歯の標準的な長さ

歯には平均的な長さがあり、この長さを指標に差し歯を作ることがあります。
また前歯の縦:横の比率が80%が理想と言われています。
これらの平均的なデータも差し歯を作る際参考にします。