019-625-1588
ネット予約

ホワイトニングが歯を壊す!?

みなさん

おはようございます

こんにちは

こんばんわ

「今よりよりよく末長く」

岩手県盛岡市の栃内歯科医院です

「ホワイトニングが歯を壊す!?」

↓参考記事↓

https://news.yahoo.co.jp/articles/af07448f898ac92a0ec2ef45891860c255a59f0e

近年、インターネットの普及やYouTubeなどによって個人でホワイトニングをする人が増えている。

ホワイトニングは白くなる方法ではあるが、歯の表面のエナメル質を破壊、歯周病悪化する恐れがある

この記事でも

「過度の使用は歯の表面のエナメル質を剥がしてしまうことにつながり、そうなれば、黄色い象牙質が透けて見えるようになります。歯を白くするのではなく、変色させてしまうことになるのです」

漂白するつもりがエナメル質を破壊し逆に色が黄色くなることを警鐘している

当院でもホワイトニングを行なっているが

「着色除去」と「ホワイトニング」を混同している人が多い

着色除去というのは、エナメル質の表面についた茶渋やヤニ汚れを取ることを指し、エナメル質が凸凹していたりする人につきやすい。

一般の歯磨き粉と歯ブラシでは取りにくいが、超音波やエアフローなど歯科医院専門の器具で物理的に取ることが可能な汚れを除去すること

一方ホワイトニングははの内部のメラニン色素を漂白する。

内部のメラニン色素は、物理的に除去することはできず

一般的には高濃度の過酸化尿素を光で活性化させて除去する

除去することで開いてしまった象牙細管に刺激物が通ることで知覚過敏が引き起こされる

また市販で販売できる薬液の濃度は限られている為、薬局などにあるホワイトニング歯磨粉は、表面の着色汚れを取るのに優れただけのほとんど白くならない歯磨き粉である。

また、高濃度の薬液を用いているので、薬品火傷の危険性もある。

一般の人が高濃度のホワイトニング剤を個人で輸入できるのかは不明だが、使い方を間違うと歯茎の火傷が起こり傷として残る場合もある。また、薬液の刺激が歯肉炎を悪化させることもある。

いずれにしても、虫歯や歯周病の既往がなく薬品管理の扱いに通じている人が行うべきものである。

歯を安く白くしたいのはわかるが、歯は失ったら二度と戻らない臓器であるとしっかり認識していただきたい。

自分の体に使うものは専門家の意見をしっかり聞いて行うことをお勧めします。

#盛岡歯医者#盛岡市歯医者#盛岡歯科#盛岡市歯科#歯科#歯医者#栃内歯科医院#インプラント#セラミック#ホワイトニング#セレック#GC#リグロス#ジェネシオ#インターナル#ジルコニア#松風#サージカルガイド#NAOMIdentalX#訪問診療#笑顔#美容#ホームケア#綺麗#審美#歯科助手募集#歯科衛生士募集#感染#発症#コロナ#予防#タンパク分解酵素#歯周病治療#細菌数低下#免疫向上#認知症#アミロイドベータ#脳内#蓄積#衰え#オーラルフレイル#体操#噛む力#健康寿命#歯ぎしり#食いしばり#骨隆起#増殖#誤嚥性肺炎#舌みがき#化粧療法#投資順序#歯磨き#メタボリックシンドローム#生活習慣病#歯のDIY#危険#自己責任#唾液検査#口臭#ホワイトニング