019-625-1588
ネット予約

インプラントは高い治療?何故高いかを解説!!

今日のテーマは

「インプラントは高い治療?何故高いかを解説」

 近年、失った歯の代替法として知られるようになった「インプラント」。「第二の永久歯」といわれるほど、「かむ力」がとり戻せることで注目を浴びています。しかし、「インプラントは高いから……」と治療を躊躇している人も多いようです。日本口腔インプラント学会は、広く一般の方々に向けて、インプラントについての正しい情報を伝える公式本「噛めるは幸せ」を9月に刊行しました。本書から抜粋する形で「インプラントが高い正当な理由」「インプラントのコストパフォーマンス」についてお届けします。

*  *  *

「インプラント」という言葉を耳にはしても、具体的な治療内容はあまり知られていないからか、インプラント治療に対する誤解がまだまだあるように思います。

「インプラントは高い」も、誤解の一つといえるでしょう。

 たしかにインプラント治療は、ほかの治療法より患者さんの経済的負担は大きくなります。ただ、「高い」にもきちんと理由があり、それを理解すれば「それ相応の負担」といえるのです。

 インプラント治療は、「外科手術」が必要な治療です。

 手術に求められる歯科医師の高度な技術や滅菌環境をつくるために、多方面で通常の歯科治療よりもずっと費用がかかります。

 また、インプラント治療に用いられる材料には、あごに埋め込むインプラント(人工歯根)だけでなく、インプラント(人工歯根)に人工歯(上部構造)をとめるスクリュー(ねじ)や、型取り用の専用パーツなどの特殊なものが多数あります。これらに対しても、それぞれに費用がかかることになります。

 これが「高い」の主な理由です。

 加えて、インプラントは自由診療のため、治療費が全額自己負担になることも高い理由の一つです。

 健康保険の適用が可能な保険診療は、患者さんの負担は3割(70歳未満)ですが、自由診療は、各歯科医院が設定した治療費の全額を負担することになります。また、自由診療は保険診療との併用が原則として認められていません。そのため、保険診療であるむし歯や抜歯などの治療では保険適用となるX(エックス)線検査の検査費用なども、自由診療であるインプラント治療で同様の検査をおこなった場合は、全額自己負担となります。

 しかし、インプラントは順調に経過すれば10年単位で長持ちするほか、残っているほかの天然歯にかかる負担を少なくすることができるという大きな利点があります。

 さらに天然歯に近い感覚でかめるようになり、かみ合わせの状態やあごの動きが義歯に比べて安定するという利点もあります。

 そのため、個人差はありますが、総合的にみればコストパフォーマンスに優れているといえるでしょう。

 インプラント治療費は、自由診療で各歯科医院が独自に料金を設定するため歯科医院によって治療費が異なります。

 標準の料金帯よりも、ずっと安く設定している歯科医院もあります。費用は歯科医院を選ぶうえでの重要な基準になるので、安さは魅力的ですが、気をつけなければならない点もあります。

 例えば提示された金額はインプラントの埋入手術にかかる料金だけで、それ以外の検査や上部構造の費用などはその料金に含まれておらず、後から別に請求されることもあるかもしれません。必ずインプラント治療のトータルでかかる費用を確認するようにしましょう。

 トータルの治療費があまりにも安い場合は、使用するインプラントや関連する材料などの質に問題があるなど、さまざまな可能性が考えられます。基本的に国が認可したインプラントや関連する材料に大きな問題があるとは考えられませんが、あまりに安い場合は、後々トラブルになることもあるので慎重に判断するようにしましょう。

栃内歯科医院では、インプラント上部構造込み(35万円税別)

骨造成(骨を作る手術)が必要な場合(+5万円税別)

静脈内鎮静(全身麻酔)を希望される方(+8万円税別)

にて行なっています

ご興味ある方は、こちらまでご連絡ください

↓↓

https://www.tochinai-dental.com/contact

#盛岡歯医者#盛岡市歯医者#盛岡歯科#盛岡市歯科#歯科#歯医者#栃内歯科医院#インプラント#セラミック#ホワイトニング#セレック#GC#リグロス#ジェネシオ#インターナル#ジルコニア#松風#サージカルガイド#NAOMIdentalX#訪問診療#笑顔#美容#ホームケア#綺麗#審美#歯科助手募集#歯科衛生士募集#感染#発症#コロナ#予防#タンパク分解酵素#歯周病治療#細菌数低下#免疫向上#認知症#アミロイドベータ#脳内#蓄積#衰え#オーラルフレイル#体操#噛む力#健康寿命#歯ぎしり#食いしばり#骨隆起#増殖#誤嚥性肺炎#舌みがき#化粧療法#投資順序#歯磨き#メタボリックシンドローム#生活習慣病#歯のDIY#危険#自己責任#唾液検査#口臭