間違えていませんか?入れ歯の正しいお手入れの仕方~入れ歯の種類〜

みなさん、こんにちは。突然ですが、入れ歯のお手入れでお困りではありませんか? 入れ歯は毎日お口の中に装着するものであるため、清潔に保つ必要があります。しかし、毎日のお手入れになると大変ですよね。入れ歯はとても繊細なものであり、正しくお手入れしなければ、お口のトラブルを招きかねません。そこで今回は、入れ歯の正しいお手入れの仕方をご案内いたします。 手入れが行き届いていないとどうなるの? 入れ歯は人工の歯であるため、入れ歯自体はむし歯になりませんが、以下のようなトラブルを招く恐れがあります。

・口臭が強くなる

・口内炎が出来やすくなる

・入れ歯が色素沈着によって変色する

・入れ歯に歯石が付着する

・クラスプ部分に汚れが溜まり、むし歯や歯周病になりやすい(部分入れ歯の場合)

これらトラブルを回避するためにも、次でご紹介する入れ歯のお手入れ方法を実践しましょう。 正しい入れ歯のお手入れ方法 入れ歯はただ単に水洗いするだけでは、十分には清掃できたとは言えず、以下のようにお手入れをする必要があります。就寝時前や毎食後にお手入れしましょう。

▼毎食後に行うお手入れ

【準備するもの】

・洗面器

・入れ歯用ブラシ

【手順】

1. 1) 洗面器に水を張る

洗浄時に落下して入れ歯が破損したり、排水溝に流れたりしないように、洗面器の上で入れ歯を洗浄しましょう。

1. 2) 入れ歯を流水下で洗う

・入れ歯専用のブラシで洗いましょう。
・歯と歯の間や、入れ歯の内側のくぼみ(粘膜に触れる側)も洗いましょう。
・部分入れ歯の場合は、クラスプもしっかり洗いましょう。

▼就寝時のお手入れ

就寝時には食後のお手入れに加えて、入れ歯の消毒も行いましょう。ブラシによる洗浄だけでは除去できない汚れや、カンジダ菌や真菌などの細菌を除去する必要があります。

【準備するもの】

・入れ歯洗浄剤 ・入れ歯を入れる容器

【手順】

1. 1) 入れ歯を流水下で洗浄します。

1. 2) 洗浄後、入れ歯洗浄剤を使用します。

・市販の入れ歯洗浄剤の使用方法を守りましょう。 ・お湯を用意する場合にはぬるま湯に留め、熱湯は避けましょう。入れ歯が変形するおそれがあります。

1. 3) 消毒後、消毒剤や浮き上がった汚れを軽く洗い流します。

※就寝時の入れ歯の装着有無は、歯科医師の見解によって異なるため、歯科医師に確認しましょう。

入れ歯の注意事項

入れ歯はとてもデリケートなものであり、以下の項目に注意して取扱いましょう。

・変形の恐れがあるので熱湯に浸けたり、アルコール消毒したりすることは避けましょう。

・乾燥はひび割れや変形の原因になるため、入れ歯を外している間は清潔な水に入れて保管しましょう。

・入れ歯を洗浄する際に歯磨粉を使用すると、入れ歯の表面が傷ついてしまい、その傷の溝に細菌が溜まりやすく口臭などの原因になるため控えましょう。

・入れ歯にひびが入ったり、割れてしまった場合、接着剤などで装着したり、やすりで削ることなく、速やかに医院で修理をお願いしましょう。

・入れ歯が合わないと感じた際も、自身で入れ歯内部を削ったりすることなく、速やかに医院で修理をお願いしましょう。

・部分入れ歯の場合、クラスプをかける歯も汚れが溜まりやすくなるため、細かく歯ブラシを動かし角度を変えながら、歯を磨きましょう。

入れ歯の種類と特徴

入れ歯は虫歯や歯周病などで失った歯の役割を補うための装置です。私たち人間は歯で食べ物を噛み砕き栄養を摂取しなければ生きて行くことは出来ず、歯が無ければ食事を楽しめません。 入れ歯は歯の役割を補う治療法としてポピュラーなものでありますが、一言で「入れ歯」と言っても様々な種類があるのをご存知でしょうか。そこで今回は、当院で取扱う入れ歯について詳しくご案内致します。 入れ歯は保険診療または自費診療で作製でき、それぞれ費用や特徴が異なります。まずは、保険診療で作製できる入れ歯についてご紹介します。

保健義歯

保険診療の入れ歯は、総額のうち数割(1割or3割)の負担額で作製できます。そのため、使用できる素材に限りがあり、仕様に不都合がない最低限の品質で作製されています。部分入れ歯の場合には、固定するクラスプと呼ばれる金属のひっかけが口元から見えたり、入れ歯の素材がレジンと呼ばれるプラスチックであるため食べ物の温度が伝わりにくかったりと、自費診療の入れ歯と比べると見た目や機能性に劣ってしまいます。

【メリット】

・費用が安い

【デメリット】

・見た目が悪い
・装着時の違和感
・食べ物の温度が伝わりにくい
次に自費診療の入れ歯をご紹介します。保険診療の入れ歯と比べると費用は高くなりますが、審美性や機能性などが優れています。

ノンンクラスプデンチャー

保険診療で作製する部分入れ歯では、先にご案内したように金属のクラスプを既存の歯にひっかけて固定するため、口元からクラスプが見えてしまうことがデメリットでありました。ノンクラスプデンチャーはその名の通り、クラスプがない部分入れ歯となり、これまでの部分入れ歯の課題点をクリアした入れ歯となります。

【メリット】

・クラスプがないため口元の審美性に影響を与えない
・装着感がある
・自費診療の中では比較的安価

【デメリット】

・樹脂で出来ているため破損するリスクが高く修理しにくい
・経年劣化しやすい

インプラントオーバーデンチャー

総入れ歯の場合、部分入れ歯のように固定する歯が存在しないため不安定であり、噛みづらい、フィットしないなどの課題点であり、お悩みの人も少なくありません。そこでおすすめなのが、インプラントオーバーデンチャーです。
顎の骨に人工歯根であるインプラントを2~4本埋入して支柱にすることで総入れ歯を固定でき、噛みやすくなり、フィットした入れ歯となります。

【メリット】

・安定感が得られる
・違和感なく噛める
・インプラントより安価
・メンテナンスも容易

【デメリット】

・外科治療が必要

BPS(エステティクデンチャー)

噛み合わせのバランスはもちろんのこと、お口周りの筋肉の状態や口腔内の状態をデータ化し、BPS認定の歯科医師と歯科技工士、患者様と作り上げる精密性の高いオーダーメイドの入れ歯です。 従来の入れ歯の概念を覆し、これまで入れ歯では食べづらいとされていた、たくあん、おせんべいなども支障なく前歯で噛み切りながら食べられます。 機能性だけではありません、これまでの入れ歯は「噛めること」が優先されていましたが、エステティクデンチャーでは天然歯に近い、本来の口元の審美性に劣らないほどの入れ歯となります。

【メリット】

・精密性が高くフィットしている
・たくあん、おせんべいも前歯で噛み切れる
・審美性に優れている

【デメリット】

・残存歯の本数によっては適応できない
・経年劣化する
まとめ 今回は入れ歯のお手入れ方法について詳しくご案内して参りました。入れ歯の清掃は毎日必要なため慣れるまで大変ですが、習慣付けることが何より大切です。入れ歯を清潔に保てなかった場合は、トラブルを招くリスクも高まるため、常に清潔な状態であるように心がけましょう。また、入れ歯が必要になったとき、保険診療で入れ歯を作製するのか、自由診療で機能性や審美性に優れた入れ歯を作製するのか、選択する必要があります。まずは、ご自身が入れ歯に求める条件を洗い出し、歯科医師と相談しながら作製する入れ歯を決めて行きましょう。 現在の入れ歯はフィットしない、痛みや違和感があるなどの理由から入れ歯作製を改めてお考えの際は、お気軽にご相談ください。 #盛岡歯医者 #盛岡市歯医者 #盛岡歯科 #盛岡市歯科 #歯科 #歯医者 #栃内歯科医院 #インプラント #セラミック #ホワイトニング #セレック #GC #サージカルガイド #dentalX
#CT
#ボトックス #ヒアルロン酸 #訪問診療 #歯科助手募集 #岩手医科大学医療専門学校 #歯科衛生学科 #岩手医科大学医療専門学校歯科衛生士学科 #歯科衛生士募集 #盛岡医療福祉スポーツ専門学校 #盛岡医療福祉スポーツ専門学校歯科衛生士学科 #歯科医師募集 #入れ歯 #インプラントオーバーデンチャー #超精密義歯 #ノンクラスプデンチャー