人にバレたくない!目立たない入れ歯はどれ?

  みなさんは、入れ歯を使用することに不安はありませんか? 入れ歯は歯を失った人にとって、なくてはならないアイテムです しかし、実際入れ歯を使用する人の中には 「入れ歯を装着していることを人に知られたくない」 と考える人も少なくありません そこで今回は、人にバレにくい、目立たない入れ歯について 詳しくご紹介して参りたいと思います  

口元の印象でイメージも変わる?

むし歯や歯周病で歯を失った際に、その機能を補うための治療として
インプラントや入れ歯などの中から、自身にあった治療法を選択する必要があります
  とある調査結果では、人の印象は口元で決まると言われているほど
人の顔のパーツの中で口元はその人のイメージを印象付けます
歯並びが乱れていたり、着色汚れが酷かったり、一部分歯がなかったり
経年劣化して見た目にも機能性にも不具合のある被せ物や入れ歯を使用している場合は
どうしてもその人の印象を悪くしてしまいがちです
  入れ歯はインプラントと比べると、比較的容易に治療を開始できますが
入れ歯の種類によっては、口元の印象に影響を与えることもあり
見た目の悪さは、入れ歯のデメリットの1つであると言えるでしょう
 

なぜ部分入れ歯が人にバレるのか

部分入れ歯はその名の通り、歯を失った部位を部分的に補う目的で作製されています
そのため、入れ歯をお口の中に装着し維持するために、残存する歯に
「クラスプ」と呼ばれる金属のひっかけを欠ける必要があります
  部位によっては口元から金属のクラスプが見えてしまうため、 部分入れ歯は人にバレやすい入れ歯として分類されています。  

バレにくい入れ歯の特徴

逆にバレにくい入れ歯はクラスプを必要としない、天然歯のような見た目や機能性も備わった入れ歯です。   保険診療で作製入れ歯は、必要最低限の材料と技術で作製するため、どうしても見た目や機能性にも支障がでてしまい、自然歯と比べると少しだけ違和感があったり、クラスプがある入れ歯となったり、第三者に入れ歯であることがバレるリスクも否定できません。   そんな悩みを解消してくれる、バレにくい入れ歯は以下のとおりです。  

インプラントオーバーデンチャー(IOD)

総入れ歯の患者さまにおすすめの入れ歯です。顎の骨に固定源とするインプラントを数本埋め込み、その上から審美性や機能性に優れた入れ歯を装着させます。見た目だけではなく、多くの患者様が悩むズレる、外れる、咬めないと言った入れ歯トラブルを回避できます。  

BPSデンチャー

歯科医師と歯科技工士が丹精込めて作り上げる、これまでの入れ歯のイメージを覆す口元の審美性や機能性にも優れた入れ歯です。歯肉や歯の色や形状まで一人一人のお口の状態に合せられるため、ごく自然な口元となります。  

ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯の課題であったクラスプを必要としない部分入れ歯です。歯肉の色に近い、ピンク色の樹脂が金属のクラスプにかわり固定源となります。保険診療で作製する入れ歯と比べると柔らかい素材でできているため強度などが劣ってしまいますが、金属を必要としないため、金属アレルギーの心配もありません。  

まとめ

今回は人にバレにくい入れ歯について詳しくご案内しました。入れ歯を使用して以前のように食事を楽しめることが第一条件ではありますが、人の印象をも左右してしまう審美性にも優れる入れ歯が求められています。当院では、患者さまのご希望などを汲み取りながら、患者さまのお口の中の状態やライフスタイルに合せて入れ歯作製のご提案をさせていただいております。入れ歯でお困りの場合や、入れ歯作製をお考えの際にはお気軽にご相談ください。   みなさんは、入れ歯を使用することに不安はありませんか?入れ歯は歯を失った人にとって、なくてはならないアイテムであります。しかし、実際入れ歯を使用する人の中には「入れ歯を装着していることを人に知られたくない」と考える人も少なくありません。そこで今回は、人にバレにくい、目立たない入れ歯について、詳しくご紹介して参りたいと思います。