019-625-1588
ネット予約

歯を残す治療 - 盛岡市神明町の歯科・歯医者|栃内歯科医院

  • HOME
  • 歯を残す治療 - 盛岡市神明町の歯科・歯医者|栃内歯科医院

他院で抜歯と言われた場合でも、まだ残せる可能性があります。ここでは『歯を残す治療』

『エクストルージョン法』と、『歯周組織再生療法』について説明いたします

エクスルージョン

<矯正で歯を残す方法>

エクストルージョンとは、歯を垂直に引っ張る部分矯正のことで、主に歯の頭部分が破折し、根っこだけ残ってしまった歯に用います。矯正の弱い力で引っ張ることで周囲組織のダメージを最小限にし、歯周組織だけでなく、歯槽骨も同時に誘導することで、短くなってしまった根っこを最大限活用する方法です。痛みも少なく、期間もそれほどかからないため、根っこだけになってしまった歯には第一選択になる治療です。

BEFORE
ご自身の歯が歯茎のラインより、高さ1.5mm・厚み1mmほど上にないと、被せ物は壊れやすく、仮に高価なセラミックを入れたとしても土台から外れてきてしまいます。歯を少しでも長く、再治療少なくするためには、十分な歯質と力のコントロールが不可欠です。


AFTER

引っ張り上げた際についてきた歯周靭帯を切除して、歯質を高さ・厚み共に2ミリ以上確保することが出来ました。引っ張り上げる期間は1ヶ月〜3ヶ月ほど、固定期間も1ヶ月〜3ヶ月ほどになります。

 

引っ張り上げた歯に土台を立てて、被せ物を行いました。

根っこだけになり残すのが難しい歯でしたが、無事に歯を残すことができました。

現在治療後4年経過していますが、問題なく機能しています。

当院での実際の治療の流れ

仮歯の裏にフックをかけているイメージ

根っこの治療を行い、土台部分に針金でフックをかけます。

この上に仕掛け付きの仮歯を装着してゴムの力で引っ張ります。

仮歯がしっかり入るため外からの見た目も気にせず引っ張ることができます。

仮歯の裏にフックをかけているイメージ
何度かゴムを調整し、ご自身の歯が出てきました。
一緒に歯周靭帯がついてきているので、この歯周靭帯を切除し歯茎が安定するのを待ちます。
この間も仮歯があるため見た目を気にせず過ごしていただけます。
仮歯の裏にフックをかけているイメージ

土台を立て、形を整え、型取りをします。

色合わせを行って、無事にブリッジを行うことができました。

矯正期間について

保定期間を含め2~6ヶ月ほどかかります。

料金(自由診療)

装置代金 77,000円(消費税込み)
調整料 5,500円(消費税込み)

※矯正後の被せ物の代金は別途かかります。
※価格はすべて消費税込みです。

歯周組織再生医療

<歯を支える骨を作り、歯を残す方法>

 

歯周病の進行によって、できた歯と骨の間の隙間(歯周ポケット)は、歯周基本治療を行い、歯石を除去し細菌と力のコントロールを行うことで歯茎が引き締まり健康にちかくなっていきます。しかし、歯の周囲組織全てが元通りになったわけではありません。治癒する過程によっては骨が治りきらず破壊された状態で歯茎だけ治癒しているケースも少なくありません。

GTR法やエムドゲインは歯周組織(特に歯を支える骨)を強化することで、歯を支える力を強化し、抜歯宣告された歯を残す方法です。

従来の歯周外科治療では歯茎は下がってしまうリスクがありましたが、これらの方法は比較的歯茎が下がらず審美的に良好な状態を保てる方法になります。

また骨を再生しているため、歯が揺れて噛めないなどのストレスも軽減されます。

歯の状態によって当院で選択肢をご提案いたします。

これらの治療法を適応できる症例は限られています。どんな状態でも歯を残すことを保証するものではありません。

広範囲の骨を再生する(GTR法)

GTR法

GTR法は、歯周病によって広範囲に浅く失われた歯周組織を再生させる治療方法です。
歯周病によって、歯周組織に隙間(歯周ポケット)が発生すると、自然治癒力によって隙間を埋めようとします。しかし、歯槽骨や歯根膜繊維などの歯を支持組織の再生速度よりも歯肉の上皮組織の回復が速いため、支持組織の再生を上皮組織が邪魔してしまい、綺麗に再生することが難しくなってしまいます。
GTR法は外から無駄な組織が入ってこないようにメンブレンを設置することで、歯周病で損なわれた歯周組織の再生速度を均一に保てる歯周組織を行う歯周病治療です。抜歯を行わないだけでなく歯周病で損なった審美性を取り戻すことに期待が持てる歯周病治療です。

部分的に壊れてしまった骨を再生する(エムドゲイン)

エムドゲインは歯周病によって狭く深く失われた歯周組織を再生することを目的とした治療方法です。
幼少期の歯の発生過程の研究から生まれた歯周組織再生療法で、比較的に狭く深く歯周組織が失われているところに用いられます。通常の再生速度では汚れが入り込んでしまい歯周病で失われた歯周組織の自然治癒は望めません。
しかし、エムドゲインやリグロスは歯周組織の再生を活性化し、歯周病の治療を行うことが可能です。そのため、従来の治療法では抜歯を行う症状の歯周病の改善が望めます。また、歯周病で損なわれた、歯周組織の主に骨の再生を行うため、歯ぐきが持ち上がり歯周病の影響で長く見えるようになった歯が正常な見え方になり審美性を回復させることにも期待が持てる歯周病治療です。

治療の流れ

GTR法

骨がなくなった部分に入り込んだ悪い組織や歯石をすべて取り除きます

GTR法

人工の骨とエムドゲインの併用行い幕を置いて閉じます

 

料金(自由診療)
11万円/1歯(範囲により異なる)

治療期間
6か月~1年